スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
<< 天空の城 1 | main | とりさんの椅子敷き >>
天空の城 2
 「天空の城」日記、後半でございます

予感的中。 というか、有無を言わさず竹田城跡の駐車場へとそのまま連行。
でも「立雲峡」と違って、麓ではなくて車である程度上ったところにある駐車場
に止めれたので、さっきほど登らなくても済みそう〜
と少し胸を撫でおろしましたが、登り始めたらやっぱりきつかった

またゼーゼー言いながら、15分ほどだったかな。←※30分ぐらいみたいです^^;
『竹田城跡』に到着



「!!!」

そこに広がる風景をみた瞬間、しんどい気持ちとか一気にふっとびました。

幾重にも重なる古びた石垣。
日本のお城のはずだけど、なんだか日本じゃないような。
沖縄の今帰仁城に似た印象を受けましたが、それともまたちょっと違う異国
情緒があって。

目をキラキラさせて興奮気味な夫と一緒に、誘われるかのように一番高い石垣へ。



眼下に広がる景色を見たら、また言葉を失いました。

緑深い山々に囲まれたのどかな朝来の町の風景。
民家の間を青くきれいな川がゆったり流れていて、
単線だったと思いますが、線路にちょうど電車がのんびり走っていて。

なんて気持ちの良い場所!
空気も澄んでいて、本当に気持ちが良い!

ここ来る2週間前ぐらいかなぁ。
個人的に落ち込むことがあって、なかなか切り替えができなくて苦しんでたん
ですけど、この日ここに来て、この景色をみてたら「このままじゃダメだ」って
ダメな自分と向き合う勇気をもらいました。



「がんばろう」
密かに心に誓いながら、しばらくぼ〜っと気持ち良い空気を満喫


実はこの竹田城跡、母の田舎に割と近くって、生前母のお気に入りの場所でも
ありました ^^

休日になるとよく父とプチ遠出デートを楽しんでいた母。
田舎に帰省中もよくふたりででかけてたなぁ。
もしかしたらこのベンチに腰かけて一休みしたのかも ^^ なんて。

歴史ロマンを感じるこの場所で、私はちょっと昔の、母の思い出に思いを馳せました。

そして最後に思ったことは・・・
いろんな意味で、この場所に連れてきてくれた夫に感謝。
この日、自分の原点にかえることができた気がします ^^

ありがとう

竹田城跡、今度は雲海のある風景もみてみたいな♪
また来れますように
19:05 | おでかけ | - | -
スポンサーサイト
19:05 | - | - | -
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINK
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINK